WORK IN MIYASHIRO
みやしろで働く人

people_01
people_01_sp

Vol.1
洋菓子工房 テン・クイーンズ・テーブル

洋菓子職人 多治比 剛(たじひ ごう)

身代神社の隣にある南欧風な建物が特徴の洋菓子店「テン・クイーンズ・テーブル」。お洒落なケーキや可愛らしい焼き菓子など手作りのフランス菓子が並ぶ店内には、好きなケーキを飲み物と一緒に飲食できるテーブル席もあります。「働く人」のコーナーでは、宮代町で働く人をご紹介していきます。
初回は、調布のフランス菓子スリジェで学び、目黒雅叙園、銀座、日本橋の洋菓子店で修業を重ね、その後独立して宮代町にお店を構えた多冶比剛氏にお話を伺いました。

people_02

修行の第一歩は歩き方と笑顔

― 洋菓子職人になろうと思ったきっかけはなんですか?

本当は俺、フレンチの職人になりたかったんすよ。
調理師の専門学校に行って免許を取得し就職先を探していた時、募集のあった調布にあるフレンチとパティスリーで有名な店の採用試験を受けてみました。学生の時はいわゆる落ちこぼれで勉強はできなかったのに何人も受けた採用試験に自分ひとりが受かったことが嬉しくて、そこで、まずフランス料理のギャルソンとして働くことにしました。

― それがなぜ洋菓子職人になったのですか?

ギャルソンとはフランス料理を給仕する人なのですが、ただ給仕を的確にこなすだけではなく、料理の知識やワインの知識なども必要とされる仕事です。そこはサービス料をいただくお店でしたので、プロとしてお客様に食事を楽しんでいただくことが必要でした。まずはフランス料理をサービスするギャルソンとして、お客様へのサービスの心などを色々学びました。
歩き方と笑顔から勉強っすよ。(笑)
2年位ギャルソンとして学んだ後、そのお店の菓子厨房でパティシエとして修業することになりました。22歳の時には東日本洋菓子コンクールのコンフィズリー&クッキー部門で銀賞を獲得することができました。その後、目黒雅叙園でウエディングケーキやデザートを学び、東銀座のパティスリーサンクなどで修業を重ね、今のお店の名前にもなっている日本橋のテン・クイーンズ・テーブルを任されるようになりました。

大きなホテルの厨房では味わえない歓びが魅力

― なぜ宮代町にお店を開店したのですか?

最後に任されていたお店が銀座にお店を出す予定だったのですが、オーナーの気持ちが変わり、機材を譲るから自分でやってみろと言われました。色々考えたのですが、これも一つのチャンスだと思い、思い切って独立し地元の宮代町でお店を開くことにしました。オーナーへの恩義を忘れてはいけないと思い、店の名前も“テン・クイーンズ・テーブル”とつけさせてもらいました。今でも東京のお店が忙しいときは手伝ったりもします。それが自分の恩返しだと思っています。

― 地元の宮代町に開店して良かったことはなんですか?

開店準備は、大工だった父に一緒に手伝ってもらい、いただいた機材を使って内装を整えました。みんなの力をお借りして安く始めることができたのはとてもラッキーでした。宮代町に開店して良かった点は、知り合いに自分の作ったお菓子を食べてもらうことが出来ることですね。お客様が「美味しかったよ」と言ってくださる顔を直接見ることができるのは大きなホテルの厨房では味わえない、小さなお店ならではの喜びです。これが一番ですかね。

― 逆に宮代に開店して大変なことはありますか?

地域性と自分のこだわりとの葛藤ですかね~。始めた頃に買いに来てくれたおばあちゃんが「あなた、イチゴのショートケーキは三角なのよ」って言うんですよ。(笑)
郷に入りては郷に従えではないのですが、お客様の嗜好や地域性もある程度考慮する必要もあるのだと思いました。でも、自分のこだわりや新しさも取り入れていきたいし、いく必要もあるのだと思います。そのバランスが必要な所ですね。

― 宮代町でこれから開業しようと考えている人へ何かメッセージをお願いします。

んー。宮代町ははっきり言って東京よりも圧倒的に人の数が少ない。例えばですが東京なら300人の人が歩くとしたら宮代では50人位かもしれない。でも、お店を出せば地元の人は温かく応援してくれます。あとは、自分の実力でしょう。美味しいものを作ればリピーターになってくれます。人の繋がりを感じながらお客さんの顔の見える商売がしたいなら宮代町はいいと思いますよ。自分の好きな言葉は、「It’s a peace of cake 楽勝だぜ! 気楽に生きようぜ!」なんですが、あまり考えすぎては何もできない。まずはやってみようぜという感じですね。

― 最後に多冶比さんのこれからの夢を聞かせてください。

自分のお菓子を喜んでくれる人に、自分の技術と腕に自信をもってお届けする!それだけです。だから今のままでいいっす。


people_05 多治比 剛(たじひ ごう)
昭和50年生まれ
うさぎ年・おとめ座・AB型
洋菓子職人になって21年
宮代町に創業して14年
宮代町商工会青年部の部長を2年間務め、今年度は他市町村との連携役として地域での活躍も期待される。
people_06 洋菓子工房 テン・クイーンズ・テーブル
焼き菓子やケーキなどが並ぶフランス菓子店。イラストや写真どおりに作ってくれるオリジナルのデコレーションケーキが子どもに人気。
住所 宮代町学園台1-12-8
電話番号 0480-31-0402
10:00~19:00 水曜定休
駐車場あり

宮代町は創業を応援しています。

あなたも宮代町で夢を叶えてみませんか。


宮代で働く人では、これからの宮代町を担う様々な「働く人」をご紹介していきます。男性女性を問わず、職種を問わず、未来に向かい頑張っている「働く人」がお近くにいらっしゃいましたら、自薦他薦を問いませんのでお知らせください。

宮代町 産業観光課商工観光担当(TEL 0480-34-1111・内線266 )